星に願いを

世界中で何人の人が夜空を見上げて星に願い事をしているだろうか。そして、その全ての人の目に、その光が映るだろうか。

続きを読む

人にものを伝える

友人と飲んだ。彼は最近ダイエットをやっているらしく、その日会った時も、少しだけ、痩せたように見えた。会話の中で私が行彼に「痩せたね」といった。ダイエットの効果が出ているのが嬉しかったのか、Twitterで「痩せたねって言われた」の一言をつぶやいていた。この「痩せたね」って言われたという一文を見せられた人は、どう反応すればいいんだろうか。

続きを読む

好きなものに真正面から

自分の好きなもの、人であれ、モノであれ、なんでもそうだが、正面から向き合うのが苦手だ。わざと外して斜めから見てしまう。好きな子にわざと意地悪をしたりだとか、誘われても「興味ない」なんて言葉で避けてしまう、といった感じだ。素直な自分がやたら恥ずかしい。中学から高校生くらいに捨ててきても良さそうな、そんな性格を未だ引きずっている。だから、自分に正直に、好きなものに真正面から向き合える人を見ると、とてもうらやましい。

続きを読む

大人になって砂に出会う時

以前、通勤電車の中でスーツのズボンに砂がこびりついている男性サラリーマンを見かけた。数回見かけた。見かける度、必ずズボンの膝部分に砂がついていた。泥が乾いてカピカピになったやつがついていた。砂がついていたことにも驚いた。それに加えてズボンを洗おうとしない、砂に無関心になっている心が見ていて怖かった。

続きを読む

世界の人と話ができる不思議な言葉

会社のビルに入っているコンビニでコーヒーを買う。ホットコーヒーを買う場合は、店員がレジの後ろからカップを出してくれる。口頭で注文することになるので、店員は注文を繰り返す。私が「ホットコーヒーのMをください」というと、「ホットコーフィーのMですね」と返してくる。”coffee”の”-ffee”の部分だけ正しく発音することに違和感がある。

続きを読む

人のことだとしてもいいたい

人の寝顔は基本的に安らかなものである。人と近しいところにいる犬、猫などの寝顔も同じだ。でも、たまに電車の中に苦悶の表情を浮かべながら寝ている人がいる。おっさんに多い。眉間にしわを寄せ、呼吸一つずつを、深く、ゆっくりと吸い、そして、吐き出されている。

続きを読む

毎月の目標と12月

1月から毎月目標を立てている。
1月から11月までの目標はどれも「人に優しくする」、「人の悪口を言わない」だった。同じ目標が11ヶ月も続くのは守れていないから。隙があれば、人をコケにして笑っている。一応は、人を選んでいる。ちょっと世間の常識、私の常識から外れた行動をとる人などがターゲットになる。まぁ、誰であろうとバカにしていることに変わりはない。

続きを読む

実家を出てからの風邪

風邪をひいた。
風邪をひいたのは大体1週間前だ。
病院に行った。薬も飲んだ。薬なんて、問診票にチェックした症状に対して、1〜2種類の薬が出た。飲みすぎかってくらい飲んだ。今もまだその時の残党が体内で暴れまわっている。体がだるい。

1週間のうち、月曜日と火曜日は普通に過ごす。いたって健康だった。
水曜日の夕方、鼻と喉の境界線辺りに違和感が出た。ここで、風邪のひき始めを感じる。
しかし、余裕をかまして特に対処せず木曜日を過ごす。前日と同様の症状のまま。夜、会社の先輩に呼び出されて飲みに行く。健康には良さそうなイメージのある中華を腹一杯食べる。そして、飲めない酒をしこたま飲む。
金曜日は祝日だった。頭痛があったのと、体がだいぶ重く感じた。薄着で街に出て、何するわけでもなくブラブラする。人混みを歩くのに、マスクもしていない。土曜日に発熱。夏に扁桃腺を腫らして以来の38度を記録した。そのまま、動けない状態で日曜日を過ごす。週が変わって月曜日。会社を休みたかった。でも、とても大切な仕事があったので、その打ち合わせのある午前中だけ出社した。もうただの生物兵器となる。打ち合わせ後に病院へ行き、先に書いた通り大量の薬をもらう。その後はもうずっと風邪。見本のような風邪が続いている。

思うこと書きたいことはいっぱいある。病院の薬の出し方とか、俺がいないと進まない仕事ってのがあっていいの、という組織のあり方などなど。その中でも一番言いたいのは、「実家にいた時って、38度クラスの熱なんて出したことあるっけ」ということ。頭痛もちで、お腹も弱い。強いかと言われれば、弱くはないけど、強くもないというレベルのいたって普通の健康体であると自負している。その健康体の私が年に1〜2回、多ければ3回は38度の熱を出す。37度クラスであれば、その倍は出している。こんなに熱を出すほど体調を崩すようになったのは実家を出てからだ。熱でぐだってる時にふと、そんなことから「お母さんの偉大さ」を感じて少し、ホームシックになった。多分、何らかのお母さんパワーで熱を出すほどの風邪から守られていたのかなと思う。

ただ、多少症状が改善された今考える。実家にいたのは、高校卒業まで。ストレスもない。田舎なので、人も少ない。それと比べて、大学以降、特に会社に入ってからはストレス値がぎゅいーんと急上昇している。それなりの都会に出たので人も多い。なんといっても年をとっている。抵抗力が落ちて、感染の機会も増えているのが本当のところじゃないのかとも思う。