文章はどれくらいの量を書けばいいの

スポンサードリンク
 

                     

書けない三銃士をご存知か。
書くことがない。
どう書けばいいかわからない。
どれだけ書けばいいのかわからない。

こいつがどれだけ、書くときに人を苦しめているか。

「そんなこと気にしなくてもいいよ。好きなこと何でも書きなさい」っていわれても困る。
人に言われたわけではない。自分が自分に言っている。
だから、一人で困っている。
書くことがないってのは、怠慢だ。
1日意識を失っていたでもない。
何かしらしていたのであれば、書けるはず。

やらないといけないことをすっぽかして、ねっちぎったこと。
コーヒーを買いに行って、財布を忘れたこと。

ネタなんてそこらへんに転がっている。

だから、書くことはある。
それをどうやって書くか、つまり、伝わる文章というのは今勉強中なので、いずれ改善される。
残る問題は、「どれだけ書くか」ということだ。

だいたい、何文字がベストなんだろうか。
何をもってベストとするかで違いはあるだろう。
たとえば、Googleなどの検索エンジンにヒットするには、これくらいの文字数が必要だ、とかか。
調べてみても、600文字やら1000文字やら幅がありすぎる。
だいたい、「600文字を推すサイト」が600文字以上の文を書いていたりする。
逆に、「1000文字を推すサイト」が1000文字に満たなかったり。

そこはよくわからないので、とりあえず基準は「毎日書くのに負担のない文字数」とする。
毎日1000字書けっていう、高校球児の日課の素振りみたいなことはやらない。
絶対に、潰れるから。

そうは言ったものの、多少Googel先生のこともきになるので、一旦、600文字とする。

検索にヒットすれば、ヨルダンからスパムを送り続くる彼も探しやすいだろう。

           
スポンサードリンク
   

   

     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*