文章力はお金への第1歩

スポンサードリンク
 

                     

誰も知らない苦労がある。
実は、この文を書く前に、もっと書きたいことがあった。
試行錯誤して書いてはいた。しかし、どうもうまく文章にできない。
だから、消した。
誰も知らないところで文章で苦しんでいる私がいる。

昔から文章を書くのは好きだった。
高校生の小論文の授業の時に、「何が言いたいのかわからない」と毎回指摘をもらった。
それでも、好きだった。そのまま、ただ好きでいただけなのが少し問題だ。

学生時代はただ「好き」でいればいい。(本当は受験で必要だからダメなんだけど)
しかし、社会人になってからは通用しない。
「好き」だから「下手」でもいいというものではない。
だから、勉強と練習が必要になる。

本屋に行くと「文章力」とか「文章術」という言葉がタイトルに入った本が山のように売られている。
本がたくさん売られているということは、需要があるということだ。
つまり、みんな文章が「苦手」だったり、「下手」だったりするんだ。

そこで気づいた。
文章が上手になれば、仕事に有利になる。
他の人と差別化が図れる。

また、このブログも多少は読みやすくなって、もっと人が来てくれるかもしれない。
アクセス数が伸びれば広告の・・・(略)

さて、上手な文章とは何か等、まだまだ考えなければならないことがたくさんある。
それらは追々考えていくとして、とにかく私はお金のために文章力を磨くことに決めた。

最後に、少し疑問。
ハウツー本なんて、毎月、毎週新しいのがどんどん出ている。
上に書いた「文章術」もそうだし、「論理的思考」なんてのもよく見かける。
そんなに需要があるってことは、まだ本当に有効なハウツー本って出てきてないんじゃないのか。

参考に本でも買おうと思ったけど、そう考えるといい本がないような気がしてきた。

           
スポンサードリンク
   

   

     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*