歩く

3年前の人間ドックで「栄養失調です」と言われた。先生の話を聞くには、注射かなんかして調べてタンパク質がうんたらかんたらと言っていた。よくわからん。この後、脂肪が多すぎるから痩せろと言われた。私もほぼ医者と行っていいくらいの医学知識を持っている。家にある分のブラックジャックは全部読んだし、なんなら『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』も全巻読んでいる。アニメ制作大変そうだった。あとは、毎週発売されて、1号は低価格でお馴染みの『インサイド・ヒューマンボディ』も買ってもらえる時は買って読んでた。1号には各号をおさめられるバインダーがついていたが中身はスカスカ。まぁ、それくらいの医学知識があっても栄養足りないのに痩せろと言われたのがよくわからなかった。 続きを読む 歩く

コーヒーとスパイス

コーヒーを飲む。とりあえず、在宅勤務の時なんかは日中6杯くらい飲む。夏木マリくらい飲む。豆から挽いて淹れる。色々本とかYou Tubeをみて淹れ方を勉強して淹れているけど上手くいかない。どの本にも、どの動画でも絶対登場するコーヒー粉にお湯をかけたときに泡立って豆が膨らむとあれを一度も体験したことがない。コーヒー豆はカルディで買った「マイルドカルディ」を使っている。本当だったら、カルディの入り口で配ってるコーヒーと同じ味、もしくは近しい味がするはずなのに、全く遠い。 続きを読む コーヒーとスパイス

天気で何が好き、と聞かれたら「特にないけど、どっちかというと晴れ」と答える。年間の天気で晴れが明らかに不動のレギュラーの座についてるから、もう基本が晴れ。晴れは強い。雨9晴れ1だったら、「やったー!!今日は晴れだ!やっぱり晴れが好きだなぁ」ってなる。逆に晴れ9雨1の時は「雨だ。嬉しいな」とはならん。水を望む人たちは「やったー」となるだろうけど、それは好きの「やったー」とは違うだろう。 続きを読む

時代じゃない

歳のころ40代くらいのサラリーマン2人組の会話。大井町のアトレにあるエスカレータで聞いた。「自分、雰囲気悪くなったりしたら、田辺をいじるんですよ。」っていう発言に対してい、もう一人の男が「わかる。一拍おくためにね。田辺は何言っても大丈夫だからね」と言った。それを聞いて、そういう考え方は、今の時代から随分ズレた発言じゃないかな、と思った。自分たちはいじりだと思っていても、田辺本人は、どう思っているのかなぁ。うち放題のサンドバックだっていつかは破れて砂が出るぞ。中に砂が入ってるかは知らんけど、昔漫画で見たような気がするから、破れて砂が出るぞ、といっておく。 続きを読む 時代じゃない

ポップコーン

高校生の頃、母親が隣のおばちゃんに美味しい天ぷらの作り方を教えてもらって、それから毎日天ぷらが夕食のテーブルに並ぶようになった。本当に毎日出ていたのが、やがて落ち着いてレギュラー化して、週1とか2くらいに落ち着いた。それでも多いだろうが、働いていた母親にとっては結構作るのが楽だったのかもしれない。後片付けは面倒くさいかもしれないけど。 続きを読む ポップコーン

専門店

専門店の「専門」の「門」が「門」なのか「問」なのかがわからなくなる。「専門」って、何かの分野についての何を聞いても答えてくれるっていうイメージがあるから、「問」が正しいのではないかというイメージがあっていつも悩む。面倒臭い言い方だけろ、専門とする領域を、その周囲を何かで囲んでいて、そこへの入り口が「門」になっているというイメージもあるから、「専門」でも正しいような気がする。 続きを読む 専門店

記憶

もう、すぐ忘れる。覚えてられない。同じ失敗を何回も繰り返してします。今日もあった。晩御飯を外で食べようと街に出た。デパートのレストラン街をぶらぶらして店を探した。焼き立てパンが食べ放題の店は一体メインはパンなのか、それともそれと一緒に出るステーキやパスタとかなのかわからないからパス、次は寿司屋。心がいいなぁ方向に動いたけど、人がいっぱいだから待ちになる。ちょっと待つ気分じゃないからこれもパス。中華もあった。美味そうだけど、街中華で小鉢的な物でたくさんの種類を食べたい派だから、麻婆豆腐セットとか油淋鶏セットとか、組み合わせが決まってるのはあんまり好きじゃないからパス。 続きを読む 記憶

外にいる猫

野良犬はいなくなったけど、野良猫は相変わらずいる。天気がいい日なんかは気持ちよさように昼寝をしている猫を見かける。夜になると、集会にでも行くのか、どこかに向かってトコトコ歩いている猫もいる。野良猫の保護活動をしている人たちが見つけて里親を探したり、去勢したりと色々努力されているようだけど、野良猫は相変わらずマンションの塀であくびをしている。 続きを読む 外にいる猫

外にいる犬

野良犬を見なくなった。川崎に越してきて20年近く経つけど、1回も野良犬を見ていない。その20年の間に広島の実家に帰ったときに、それも10年くらい前になるが、3匹の親子連れっぽい野良犬を見たのが最後だった。野良犬頻出ポイントがあって、私が実家にいた頃は「あそこには野良犬がいるから行ったらいけん」と言われていたところだった。そこに用事があって行ったときに、丘の上に2匹の犬がいた。その時点でも「都会には野良犬がいない」と思っていたので、「ここにはまだ残っていたんだ」と、自分の国では滅びた昔ながらの風習にまさか海外で出会うなんて、みたいな状態だった。 続きを読む 外にいる犬

食べ飽きた

16歳のときかな。今から3年前くらいの話だから正確には覚えていないけど、母親が隣の家のおばちゃんに美味しい天ぷらの作り方を教えてもらった。隣の家のおばちゃんにモノを教えてもらうというのがなんとも昭和チックな感じがして、田舎特有の近所付き合いもあり、今思い出すと「いいなぁ」って思う。 続きを読む 食べ飽きた